2011年04月10日

上高地の切り裂きジャック

島田荘司さんの御手洗潔シリーズの中短編集です。
上高地の切り裂きジャック」「山手の幽霊」の二作収録されています。

やっぱり御手洗シリーズは面白いなぁ。

上高地の切り裂きジャック」は、
御手洗さんが海外にいて石岡くんが事件の内容を知らせるという話なので
いつも通り電話での登場となります。
事件そのものは、猟奇的な不可能犯罪となっています。
解決は見事です。


山手の幽霊」は、
まだ御手洗さんが横浜にいて石岡くんと一緒に住んでいるころの話です。
御手洗さんがたっぷり出てきます。
謎は、かなり魅力的です。
解決は納得いくもののちょっと強引な部分も感じます。
でも、不可解な謎が解けていくのは、とても気持ちよいものです。



上高地の切り裂きジャック (文春文庫)
島田 荘司
文藝春秋
売り上げランキング: 28502

By ちゃ@管理人 @ 06:23 AM | ミステリー関係 | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント

コメントを書く







名前、アドレスを登録しますか?




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.casebook.jp/mt/mt-tb.cgi/950