2009年06月29日

ネオテニー・ジャパン

上野の森美術館「ネオテニー・ジャパン」を見てきました。 この展覧会は、若手アーティストたちの立体・絵画・映像を展示したものです。 とても刺激を受けました。と言っても何か作っている訳ではないけれど・・・。 いろいろ作りたくなったけれどあぁ、動画をやりたいなぁ。 帰りにアメ横のロンドンスポーツに行って半そでのスポーツウェアを買ってきました。ちょっと暑くなってきたから半そでにしました。... 【続きを読む】


2009年06月20日

フォーチュン氏を呼べ

レジナルド・フォーチュン氏が登場する短編集です。フォーチュン氏は、H・C・ベイリー氏が描く名探偵で、いわゆるシャーロック・ホームズのライヴァルたちの一人です。今までは、「黄色いなめくじ」等の代表作と唯一まとめられた形で出版されていた創元推理文庫の「フォーチュン氏の事件簿」だけでしたが論創社から第一短編集が出版されました。(と言っても3年ほど前ですが)第一短編集のせいかレベルが高い作品が並んでいるという感じではありませんでした。(全部悪いというわけではなく、いくつかがう~んという感じ)願わくばこれからも読みたいので第2~12短編集と長編8作を出版してほしいです。... 【続きを読む】


2009年06月15日

バングラデシュ・フェスティバル

週末、バングラデシュ・フェスティバルに行ってきました。場所は代々木公園。タイフェスティバルと同じ場所ですが規模はかなり小さかったです。その分、混んでいなくていい感じでした。あまりバングラデシュ・レストランがないせいか出ているお店はインド料理店が多かったような気がします。とりあえずカレーとマサラドーサなどを食べました。美味しかったです。他にもいろいろ食べたんですけれど名前が分からない。黄色いデザートも食べたんですけれど、これは激甘でした。なぜか沖縄のお店も出ていて島らっきょをたくさん買ってきて皮をむいて茹でてかつお節しょうゆをつけて食べました。おいしかった。... 【続きを読む】


半熟ゆで卵(覚え書き)

半熟ゆで卵の作り方冷蔵庫から取り出す(特に室温に戻す必要なし)水から卵をゆでる沸騰したら火を止めてフタをして約3分半待つ。冷水(流水)にとり殻をむく。これだけでも美味しい半熟たまごになりますが鶏チャーシューの煮汁につけておくととても美味しくなります。鶏チャーシューの煮汁と一緒に半熟たまごをビニール袋に入れて冷蔵庫で半日おいておきます。これだけで美味しい半熟たまごになります。... 【続きを読む】


トマトでそうめんつゆ(覚え書き)

トマトを使ってそうめんだれを作ります。1.トマトを切ってゼリー状の種の部分を取り除き、ざく切りにしてフードプロセッサーにかける。  または、すりおろし器でおろす。2.ぬれたクッキングペーパーをしぼってザルにしき、そこに1を入れ冷蔵庫で5~6時間置いておく。  無理に絞らない。出てきた汁がトマトウォーター。  (トマト2個で約150~200cc取れるらしい)3.トマトウォーター 大さじ4にしょうゆとみりん各大さじ1を入れる。出来上がり。... 【続きを読む】


2009年06月14日

Flickrに投稿した画像をTwitterにも送ってもらう

Flickrに投稿している画像をTwitterにも投稿するようにしてみました。以下、覚書です。FlickrにBeta版ということですがTwitter同時投稿の機能が出来たそうです。FlickrがTwitterへの自動送信機能をメールによる写真アップロードで試行TechCrunchさんで紹介されていました。一応ここにも手順だけ書いておきます。(Twitterで複数のアカウントを持っている人は、ちょっと注意かもしれません。Twitter側で投稿したいアカウントを私は間違えてしまいました。)1.http://www.flickr.com/groups/flickrtwitterbeta/にジャンプ2.step1にあるリンク www.flickr.com/account/blogs/add/twitter をクリック3.Allowボタンをクリックする 「アカウント」「パスワード」のフォームが表示されていたら、Twitterのアカウントとパスを入力4.認証確認をしているのでしばらくまつとメールアドレスが表示されます。このメールアドレスはメールでの投稿にしようしているメールアドレスの@の前に2twitterが付いたものになっていると思います。例)通常のメール投稿用メールアドレス********@photos.flickr.comTwitter同時投稿用メールアドレス********2twitter@photos.flickr.comこのメールアドレスに画像を投稿するとFlickrには通常どおり画像が投稿されてTwitterにはその画像へのリンクが投稿されます。さて、私が間違えたというのは、3.の手順時に別のアカウントでTwitterにログインしていたせいか使用したくないTwitterアカウントで登録されてしまったことです。(たしかTwitterアカウントとパスワードを入れた覚えがないので)それで再度登録しようとしたら3.の手順時でTwitterアカウントとパスワードを入れるフォームが表示されたので再登録しました。それでも最初に登録したTwitterアカウントに投稿されてしまいます。こんなときにどうすればよいかというとhttp://www.flickr.com/account/?tab=extendにジャンプします。ここでYourblogとしてTwitterのアカウントが登録されているはずですのでこれを削除します。こうすることで自分が投稿したいTwitterアカウントを設定することができます。なお、このTwitter同時投稿システムはベータ版らしいので仕様が変更されるかもしないんですよね。... 【続きを読む】


お化け屋敷で科学する!― 恐怖の研究(ネタパレ注意)

日本科学未来館の企画展「お化け屋敷で科学する!― 恐怖の研究」を見てきました。 日本科学未来館の企画展は何度も行っていますが こんなに並んでいるのは初めてでした。並んでいると言っても20~30分程度でしたが。 ここからは内容を書くのでこれから行く人はネタバレ注意してください。 内容は、まず小さなお化け屋敷の体験。 並んでいるときに結構キャーキャー言う声が聞こえていたので ちょっとビビリながら入りましたがあまり怖くはありませんでした。 ロッカーがガタガタ震えたり、風が吹いてきたり。 それから脳科学での恐怖を簡単に説明するパネル。 これが分かりやすく書いているので面白いけれどちょっと物足りなかったかな。 怖いものを見て逃げるのは、「怖いから逃げるのか」「逃げるから怖くなるのか」まだはっきりと判明していないそうです。 だから怖くないのに怖い振りをしていると本当に怖くなるということもあるみたいです。 ここら辺のことは読んでいてとても面白かったです。 それと最後にモニターと押しボタンが並んでいて、何かと思ったら、 実はこれ、最初に体験したお化け屋敷の中が写っていて、人が来たときにボタンを押すとロッカーが震えたり風が吹くようになっているんです。 お化け屋敷の中で脅かされたギミックは、実は来場者によって操作されていたんです。ちょっと面白かったかも。 企画展を見た後は常設展をいろいろと見て体験しました。 とりあえず日本科学未来館は、面白い展示がたくさんあって楽しいです。... 【続きを読む】


2009年06月07日

芳年「風俗三十二相」と「月百姿」

『芳年 -「風俗三十二相」と「月百姿」-』を太田記念美術館で見てきました。月岡芳年(つきおか・よしとし)は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師です。血みどろ絵と呼ばれる残酷な表現で有名だったりします。今回の展示は前半、後半で違うらしいのですが私が見たのは後半です。あまり血みどろという感じの絵はありませんでしたが、芳年の美人画が見られて満足でした。... 【続きを読む】


2009年06月03日

立川志の輔独演会

6月2日(火)、川崎市武蔵中原のエポックなかはらで立川志の輔 独演会を見てきました。演目は、 立川志のぽん 「----」(タイトル忘れてしまいました。金明竹かな) 立川志の輔   「バールのようなもの」 立川志の輔   「江戸の夢」でした。立川志のぽんさんは、志の輔さんの5番目の弟子ということです。まだまだこれからという感じですが声が通っていてとても良かったです。志の輔さんの「バールのようなもの」は、久しぶりに聞きました。やっぱり何回聞いても面白いですね。「江戸の夢」は初めて聞きました。人情話で古典なのかなと思いましたが新作ということでした。ちょっとなける感じでいいお話でした。志の輔さんの落語、初めて生で聴きました。やっぱり面白いですね。もっと聴きたいです。... 【続きを読む】


2009年06月01日

万華鏡の視覚

万華鏡の視覚森美術館で開催されている「万華鏡の視覚」展を見てきました。タイトルからすると良く見かける万華鏡を想像してしまいますが展示されているものは、万華鏡ではなく光、色、音などを視覚や聴覚に訴えかけてくる現代美術の作品です。前衛的でなかなか理解が出来ないものもありましたが、とても面白いものばかりでした。見ていていろんな事を考えてしまいました。インスピレーションを受け自分でもいろいろ作りたくなりました。さっそくスクリプトを作ることにします。... 【続きを読む】


スター・トレック

映画「スター・トレック」を見てきました。面白かったです。映像的には、今までに無かった感じです。(以前と比べると技術が進歩しているから当たり前か)話の内容としても面白かったですが、やっぱりスポックやカークが気になりました。(若い設定だからいいんだろうか)それと、今までのTVや映画の歴史を変更してしまうような内容は、これからこちらの歴史で進んでいくのかそれとも、これはパラレルワールドということで片付けられてしまうのか気になるところです。う~ん。アメリカでは結構映画の興行収入が良いということで続編の話があるらしいですけれどどうなるんでしょう。(日本だとあまり成績は良くなさそうだなぁ)続編が作られたら絶対に見ちゃいますね。TVシリーズでもいいなぁ。... 【続きを読む】