2007年05月30日

「水底の骨」アーロン・エルキンズ著

久々のスケルトン探偵ギデオン・オリヴァー教授シリーズです。未訳の第一作目を入れると今回は第12作目。今回の舞台はハワイです。相変わらず世界をかけまわっています。何かあまりギデオン・オリヴァー教授が活躍したという感じはしませんでした。設定からすでに先を予想することがある程度はできるのですがさすがにそうはいきませんでした。う~、やられたという感じです。あはは、そんなぁ。面白かったです。... 【続きを読む】


2007年05月28日

スリランカフェスティバル

代々木公園で開催されていたスリランカフェスティバルに行ってきました。 とても楽しかったです。 インドカレーとちょっと違った感じのカレーはおいしかったです。ちょっと辛かった。 マンゴーシェイク(氷?)も食べました。濃厚でとってもおいしかったです。 紅茶がいろいろ売られていたのですが 終わりに近づくにつれて叩き売り状態に。 2000円分ぐらい買ったのですが袋にいっぱいです。 これで当分の間、紅茶に困らないというぐらい。 そうそう、ウィッキーさんを久しぶりに見ました。 お元気そうでしたよ。... 【続きを読む】


2007年05月23日

梅の季節

昨日、会社の帰りにスーパーに寄ったら梅が売られていました。もうそんな時期になったのですね。まだちょっと高いですが。梅の季節が終わるまで「梅シロップ」や「梅酢」を作ろうと思います。それと「梅酒」も。梅シロップは、水や炭酸水で割って飲むのですがスッパウマーです。今年の梅酒は、基本にもどって氷砂糖とホワイトリカーで行こうと思っています。あぁ、とっても楽しみ。... 【続きを読む】


2007年05月21日

博士の愛した数式

映画「博士の愛した数式」を地上波で見ました。感動しました。寺尾聡さん、深津絵里さんがとても良かったです。心が暖かくなるような映画でした。... 【続きを読む】


アフリカン・フェスタ

土日に日比谷公園で開催されていたアフリカン・フェスタに行ってきました。 http://www.africanfesta.com/アフリカン・フェスタは初めて行ったのですがとても楽しかったです。 アフリカのいろいろな国の大使館がブースを出していたり、ボランティア団体などがお店を出していました。 その場にいるだけでアフリカの人たちの情熱的な感じが伝わってきます。 ちょっとした雑貨を買ってから、いろいろな料理を買って食べました。おいしかったです。先週食べたタイ・フェスティバルの料理とまた違った感じの異国の料理でおいしかったです。 アフリカに行ってみたくなったかも。 ジャンベとかも叩いてみたくなった。... 【続きを読む】


2007年05月14日

思考機械とブラウン神父の漫画

思考機械とブラウン神父が原作になっている漫画が出ました。「ミステリークラシックス~甦る名探偵達~ ブラウン神父編II」 森元さとる以前読んだ作品の二作目がいつのまにか出ていました。収録されているのはG・K・チェスタトン著 ブラウン神父シリーズ「神の鉄槌」「ムーン・クレサントの奇跡」W・F・ハーヴェイ著 「みずうみ」ジャック・フットレル著 思考機械シリーズ「モーターボート」タイトルがブラウン神父編となっていますが、収録されているのは二編で他の二編は思考機械とノンシリーズ作品です。思考機械は、やっぱりマイナーな探偵なんですかね。とりあえず選ばれている作品は、それぞれそれなりに有名な作品なのでいのですが、思考機械の風貌が・・・。う~ん、どうにかならないのかなぁ。... 【続きを読む】


2007年05月13日

タイフェスティバル

代々木公園で開催されているタイフェスティバルに行ってきました。 GW明けに開催されているイベントで、毎年楽しみにしています。 会場では、いろいろな屋台が出ていたり、いろいろな観光品が売られていたりします。 それからステージではライブが行われていたり、その近くではお客さんがシートを敷いて屋台料理を食べビールを飲んでいたりします。 私は、2時過ぎに行ったのですが既に会場は、もういっぱい。 なんとかシートを敷く場所を探して交代で料理と飲み物を調達しました。 タイ料理おいしいですね。 カレーがおいしい。青パパイヤのサラダ辛~い。 揚げバナナ大好きです。 スイカのジュースやら見たことない果物のジュースとか なんだか本当に異国の気分。 それからいろいろと食材を見て買って帰ってきました。 あぁ楽しかった。 次のイベントは、アフリカ?スリランカ?... 【続きを読む】


2007年05月10日

落語「たちぎれ線香」桂春菜

関西テレビの「落語のぼん 東西二世五人会」という番組をスカパーでいつも見ています。今回は桂春菜編ということで桂春菜さんがフューチャーされていました。この人は桂春蝶さんの息子さんということです。(知らなくてごめんなさい!)で、今回、この春菜さんの落語をやっていたのですが、それが「たちぎれ線香」だったんです。久しぶりに聞いた「たちぎれ線香」以前聞いたときは誰が演じていたのか忘れてしまいましたがとても感動というか泣ける話だなぁって思った覚えがあります。今回聞いてみてやっぱり泣けました。春菜さんとてもいいですね。関東ではあまり見かけることがないのがとても残念です。今年お父さんの名前を継ぐということでとても期待です。... 【続きを読む】


2007年05月08日

クロアチア人の手

小説現代増刊号メフィスト('07.05)に載っていた「クロアチア人の手」島田荘司・著を読みました。御手洗潔ものの中編です。長さとしては、長めの短編、短い長編ぐらい。御手洗ものといっても事件現場は日本なので、相変わらず海外にいる御手洗はほとんど出てきません。内容としては、う~ん。首を傾げてしまうところはいくつもありますが、御手洗潔ものということであまり気になりません。とりあえず面白かったけれど、もうちょっと御手洗潔を出してほしかったなぁ。... 【続きを読む】


2007年05月06日

はいさいFESTA2007

川崎ラチッタデッラのはいさいFESTA2007に行ってきました。 目的はクラブチッタの沖縄音楽祭。 15:00START 21:00終了の長丁場でしたが、いろいろな人たちが出演していてとても楽しめました。 沖縄音楽、楽しいねぇ。 ちなみに出演していたのは、 さんさら(初代ネーネーズ:古謝美佐子、宮里奈美子、 比屋根幸乃)、 普天間かおり、 下地勇、 All Japan Goith、 永山尚太、 彩風、 新良幸人&サンデー、 ノーズウォーターズ、 しゃかり、 琉球国祭り太鼓(エイサー) 普天間かおりさん、下地勇さんがとくに気になった。... 【続きを読む】


小さき勇者たち~ガメラ~

映画「小さき勇者たち~ガメラ~」を見ました。今回のガメラは、以前の作品の続きという感じではなくて、この一作品だけの単体という感じで見ることが出来ます。単体といっても昭和ガメラの続きにあたるのかな。主人公の少年から見るガメラは、とてもかわいいです。造形もかわいいのですが、とてもキュートです。ちなみに小さい頃のガメラ(トト)は、実際のカメです。ケヅメリクガメという亀で13体が撮影に使われたということです。オーディションで選ばれたらしいです。ストーリーは難しい話ではなくて親子で見る映画といった感じです。あんなカメがいたら飼ってみたい。(笑)... 【続きを読む】


2007年05月05日

ニライカナイからの手紙

蒼井優・主演の映画「ニライカナイからの手紙」を見ました。以前からタイトルだけは知っていたのですが、先日スカパーで放送していたので録画しておいて昨日見ました。もともとタイトルから沖縄っぽいなぁというだけで気になっていたので、見るときもあまり予備知識なしでした。見ての感想は、一言「感動、とてもいい映画でした。」見終わった後、切ないですがとても暖かな気持ちになれます。... 【続きを読む】


2007年05月04日

新ムツゴロウ動物王国

東京あきる野市にある新ムツゴロウ動物王国に行ってきました。 場所はサマーランドのとなりで家からは電車で2時間近くかかってしまいました。 行く前にいろいろな人が書いたブログなどを見てあまり期待していなかったのですが、お昼前に着いて閉園まで時間が足りないぐらい楽しめました。 園内はいくつかに分かれて「石川百友坊」「ジャブジャブ池」「青の広場」などがあります。 「スポーツ広場」や「青の広場」は、何かイベントやショーの時に使われる場所です。 「石川百友坊」は、犬やネコたちが放し飼いにされている場所で園内にいるときは、基本的にはここで犬やネコたちと戯れていました。 この「石川百友坊」というところは、本当に楽しくていつまでもいたい感じでした。 ここにはサモエド犬が飼われていて、このワンコがとてもかわいくて良かったです。 私はこのサモエド犬に一度会って遊んでみたかったんです。 なぜかというとデアンドリアのマット・コブシリーズにスポットという名前のサモエド犬が出てくるんです。 ちょっと夢だったので本当うれしかった。 場所が遠いのであまり気軽に行けないけれどまた行きたいと思います... 【続きを読む】


2007年05月01日

佐賀のがばいばあちゃん

漫才コンビ・B&Bの島田洋七さん原作の映画「佐賀のがばいばあちゃん」をスカパーで見ました。原作の本は読んでいないのですが以前TV版を見ていて面白かったから見ました。映画版も面白かったです。でもTV版を先に見ていたせいか、私はTV版の方が面白く感じてしまいました。どちらにしても心が温まる作品です。見た後の感じがとてもいいです。原作も読んでみたいなぁと感じさせる作品でした。... 【続きを読む】