2014年02月22日

葡萄園の骨

アーロン・エルキンズ著「葡萄園の骨」

事件発生年は、2011年。場所は、イタリア・トスカーナ地方。

久しぶりのスケルトン探偵ギデオン・オリヴァーものです。
シリーズ17番目の長編です。
前作「騙す骨」を読んだのが2010年12月なので3年ぶりです。長かった。

今回も骨に関する話が面白かったです。
あとシリーズものの特徴なんでしょうが
安定したシリーズキャラクターということで安心して読めます。
その分、ドキドキしないので
一概に良いとは言えませんが・・・。

また次回作が出るまでゆっくり待ちます。



葡萄園の骨〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕
アーロン・エルキンズ
早川書房
売り上げランキング: 5,070

By ちゃ@管理人 @ 08:14 AM | ミステリー関係 | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント

コメントを書く







名前、アドレスを登録しますか?




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.casebook.jp/mt/mt-tb.cgi/1062